次世代の英会話学習法:ネオバイリンガル計画

英会話の上達はとにかく英語をしゃべること

英語の能力が低いからといって、英会話も無理だろうと考えるのは早計です。実際、TOEICや英検などで素晴らしい点数をとっている学生を企業が採用したら、英語が全然しゃべれなくて困惑しているという話もよく聞きます。英語が苦手でも英会話ができるようになることは可能ですが、それは正しい学習法で会話を学ぶ必要があります。まず絶対条件なのは、必ず英語でしか会話できない環境に自分を置くということです。日本にもたくさんの英会話教室がありますが、本格的な指導をする教室ではほぼ全て授業中の日本語を禁止にしています。逆に、本場のアメリカに留学しても、日本人学校など日本人と頻繁に会話できるような環境にいる人は、いくら外国にいても英語は全くといっていいほど上達しません。英語の環境に身を置き、英語以外では会話できないという逃げ道を作らないことが、正しい学習法です。最初のうちはうまく相手とコミュニケーションがとれず苦労するかもしれませんが、長くやっていれば必ずしゃべれるようになります。日本人は几帳面なせいか正しい文法で英会話もこなそうとしますが、ある程度アバウトな文法でも会話は成立します。細かいことを気にせず、積極的に話しかけることが英会話上達の秘訣です。

 

楽しい英会話の学習法

 

英会話を習いたくても、きっかけがない人はたくさんいることと思います。何かきっかけがあれば習いたいと思っているのだと思います。また、普段使うことがないので、勉強しても意味がないという人も多くいるのかもしれません。しかし、夢を高く持って、いつか海外旅行に行ってみたいと思う人もいるかもしれません。最近では便利な翻訳してくれる機械が登場しているようですが、一番良いのは自分が英語を話すことができることです。いつか、そのような時が来るかもしれないので、勉強しておくことも良いと思います。また、趣味として取り組んでも良いと思います。単に英会話を勉強しても飽きてしまうので、楽しい学習法を考えて取り組むことが大切です。人それぞれ学習法は異なりますが、英語を話したいという気持ちがあれば、どんどん上達をしていくのだと思います。楽しい文章を考えたり、直ぐに使えそうな英語から話せるようになりましょう。毎日必ず使う英語を学ぶことで、日常生活でもすらすら英語を話すことができるようになるのだと思います。全く使うことのない英語を勉強しても意味がないので、先ずは、使う英語からどんどん学ぶことが大切なことではないのでしょうか。